ホスト資産

必要な Tenable Vulnerability Management ユーザーロール: 基本、スキャンオペレーター、標準、スキャンマネージャー、または管理者

[資産] ワークベンチでホスト資産のみを表示するには、[ホスト] タイルを選択し、他のタイルの選択を解除します。一般的なホスト資産には、ワークステーション、サーバー、仮想マシン、プリンター、ネットワークスイッチ、ルーター、ワイヤレスアクセスポイントなどがあります。

[ホスト] タイルには、以下の列がある表が表示されます。列を表示または非表示にするには、調査の表のカスタマイズを参照してください。

説明
資産 ID

資産の UUID。この値は Tenable Vulnerability Management に対して一意です。

名前

特定の属性の存在に基づき次の論理順序で割り当てられる資産 ID です。

  1. Nessus Agent 名
  2. ホスト名
  3. ウェブアプリのホスト名
  4. コンテナセキュリティ画像名
  5. コンテナランタイムのホスト名
  6. クラウド共通リソース名
  7. クラウド共通リソース識別子
  8. クラウドランタイム名
  9. クラウド IAC 名
  10. Active Directory 資産名
  11. ドメインレコードのホスト名

上記の属性がいずれも存在しない場合、FQDN が資産の名前として選択されます。

AES

資産の 資産のエクスポージャースコア

ACR

資産の ACR (資産重大度の格付け)

IPV4 アドレス

影響を受けている資産の IPv4 アドレス。

IPV6 アドレス

影響を受けている資産の IPv6 アドレス。

オペレーティングシステム

スキャンにより資産にインストールされていると特定されたオペレーティングシステム。

ライセンス済み

資産が Tenable Vulnerability Management 内でライセンスされるかどうかを示します。詳細は、Tenable Vulnerability Management のライセンス を参照してください。

初回確認日

スキャンが最初に資産を特定した日時。

最終確認日

スキャンが資産上で脆弱性を検出した直近の日付。

最終ライセンススキャン日

資産が「ライセンス済み」と見なされ、Tenable のライセンス制限にカウントされた最後のスキャンの日時。ライセンススキャンでは、非検出プラグインが使用され、脆弱性を特定できます。非検出プラグインを実行する非認証スキャンでは、[最終ライセンススキャン日] フィールドは更新されますが、[最終認証スキャン日] フィールドは更新されません。ライセンスのある資産に関する詳細は、Tenable Vulnerability Management のライセンスを参照してください。

最終認証スキャン日

資産に対する認証スキャンが実行された直近の日時。検出プラグインのみを使用する認証スキャンでは、[最終認証スキャン日] フィールドは更新されますが、[最終ライセンススキャン日] フィールドは更新されません。

ソース

資産を特定したスキャンのソース。

タグ

資産に適用されるタグです。

システムの種類

資産にインストールされているオペレーティングシステム。

NetBIOS 名 資産の NetBIOS 名。
DNS (FQDN)

資産ホストの完全修飾ドメイン名。

注意: ホスト資産の完全修飾ドメイン名 (FQDN) を処理するとき、Tenable Vulnerability Management はすべての FQDN を小文字に正規化してから、重複をマージします。
MAC アドレス

スキャンにより資産レコードと関連付けられた MAC アドレス。

ServiceNow Sys ID

該当する場合、ServiceNow での資産の固有レコード識別子。詳細は、ServiceNow のドキュメントを参照してください。

エージェント名

資産をスキャンして特定した、Tenable Nessus エージェントの名前。

作成日

Tenable Vulnerability Management が資産レコードを作成した日時。

更新日

Tenable Vulnerability Management が資産レコードを最後に更新した日時。

プラグインの結果有り

資産が関連付けられたプラグイン結果を持つかどうかを指定します。

パブリック

資産がパブリックネットワークで使用可能かどうかを指定します。

注意: パブリック資産はパブリック IP 空間内にあり、Tenable Vulnerability Management クエリ名前空間の is_public 属性によって識別されます。

AWS 可用性ゾーン

Tenable Vulnerability Management AWSドキュメントで説明されている、資産の AWS 可用性ゾーン (該当する場合)。

AWS EC2 AMI ID Tenable Vulnerability Management AWSドキュメントで説明されている、資産の AWS EC2 AMI ID (該当する場合)。
AWS EC2 インスタンス ID Tenable Vulnerability Management AWSドキュメントで説明されている、資産の AWS EC2 インスタンス ID (該当する場合)。
AWS セキュリティグループ Tenable Vulnerability Management AWSドキュメントで説明されている、資産の AWS セキュリティグループ (該当する場合)。
AWS インスタンスの状態 Tenable Vulnerability Management AWSドキュメントで説明されている、資産の AWS インスタンスの状態 (該当する場合)。
AWS インスタンスタイプ Tenable Vulnerability Management AWSドキュメントで説明されている、資産の AWS インスタンスタイプ (該当する場合)。
AWS EC2 名 Tenable Vulnerability Management AWSドキュメントで説明されている、資産の AWS EC2 名 (該当する場合)。
AWS EC2 製品コード Tenable Vulnerability Management AWSドキュメントで説明されている、資産の AWS EC2 製品コード (該当する場合)。
AWS 所有者 ID Tenable Vulnerability Management AWSドキュメントで説明されている、資産の AWS 所有者 ID (該当する場合)。
AWS リージョン Tenable Vulnerability Management AWSドキュメントで説明されている、資産の AWS リージョン (該当する場合)。
AWS サブネット ID Tenable Vulnerability Management AWSドキュメントで説明されている、資産の AWS サブネット ID (該当する場合)。
AWS VPC ID Tenable Vulnerability Management AWSドキュメントで説明されている、資産の AWS VPC ID (該当する場合)。
Azure リソース ID Tenable Vulnerability Management AWSドキュメントで説明されている、資産の AWS リソース ID (該当する場合)。
Azure VM ID Tenable Vulnerability Management Microsoft Azureドキュメントで説明されている、資産の Azure VM ID (該当する場合)。
Google Cloud インスタンス ID Tenable Vulnerability Management Google Cloud Platformドキュメントで説明されている、資産の Google Cloud インスタンス ID (該当する場合)。
Google Cloud プロジェクト ID Tenable Vulnerability Management Google Cloud Platformドキュメントで説明されている、資産の Google Cloud プロジェクト ID (該当する場合)。
Google Cloud ゾーン Tenable Vulnerability Management Google Cloud Platformドキュメントで説明されている、資産の Google Cloud ゾーン (該当する場合)。
リソースタグ

クラウドプロバイダーからインポートするタグまたはラベルを指定します。このフィールドは、ソースがクラウド検出コネクタである資産に対して表示されます。

注意: Tenable Vulnerability Management は、次の事項を考慮してタグとラベルをインポートします。
  • AWS および Azure の制限は、リソースあたり 50 タグです。

  • GCP の制限は、リソースあたり 64 ラベルです。

  • Tenable Vulnerability Management は、Azure タグの JSON 文字列のインポートをサポートしていません。

クラウドプロバイダー 資産が AWSAzureGCP のどれからのものであるかを示します。
アクション

この列の ボタンをクリックしてドロップダウンを表示し、次の操作を実行できます。

  • エクスポート - 調査の表からのエクスポートで説明されているように、CSV または JSON にエクスポートします。

  • タグの追加 - 新しいタグを追加します。表示されたダイアログで、タグで説明されているように、[カテゴリ][値] を選択します。

  • タグの削除 - 既存のタグを削除します。表示されたダイアログでタグをクリックし、[削除] をクリックします。

  • ACR の編集 – (Tenable Lumin のみ)。ホスト資産の ACR の編集 で説明されているように、ACR (資産重大度の格付け)を編集します。

  • 移動 - 資産を別のネットワークに移動するで説明されているように、資産を別のネットワークに移動します。

  • すべての詳細を表示資産の詳細の表示で説明されているように、資産の詳細をすべて表示します。

  • 新しいタブですべての詳細を表示 — 資産の完全な詳細をブラウザの新しいタブに表示します。

  • すべてのソリューションを表示ソリューションで説明されているように、資産の脆弱性に対して利用可能なソリューションを表示します。

  • 削除 - 資産の削除で説明されているように、資産を完全に削除します。