設定

スキャンに使用するスキャンテンプレートを選択した後、いくつかの設定により、スキャン設定のパフォーマンスを調整できます。続くトピックでは、スキャン設定の各セクション (設定、認証情報コンプライアンスプラグイン) と、スキャンのパフォーマンスを最大化するための設定方法について説明します。

注意: 選択するスキャンテンプレートによっては、説明されている設定やセクションの一部を表示できない場合があります。たとえば、ほとんどのスキャンテンプレートでは、プラグインファミリーを設定できません。

スキャン設定は、スキャンの機能、パフォーマンス、スキャン時間に大きく影響します。設定を使用して、Tenable Vulnerability Management がスキャンを起動するタイミングと頻度、検出オプション、デバッグ機能、評価方法、パフォーマンスオプション、その他のスキャン動作を設定します。Tenable Vulnerability Management は、設定を 5 つのカテゴリ (基本検出評価レポート詳細) に分類します。

スキャン設定の中には、情報提供を目的としたものや、スキャンパフォーマンスに影響を与えないものがあります (名前、説明、通知設定など)。このセクションでは、スキャンパフォーマンスに影響するすべての設定と、スキャンパフォーマンスを向上するための調整方法について説明します。

以下の設定カテゴリをクリックして、各カテゴリの詳細と調整方法を確認してください。

脆弱性管理スキャン設定の詳細については、スキャン設定を参照してください。