プロキシサーバー

[Proxy Server] (プロキシサーバー) ページでは、プロキシサーバーを設定できます。お使いのプロキシによって特定の HTTP ユーザーエージェントがフィルタリングされる場合は、[User-Agent] (ユーザーエージェント) ボックスにカスタムユーザーエージェントの文字列を入力します。プロキシサーバーを設定するには、プロキシサーバーを設定する を参照してください。

注意: Tenable Nessus 設定を行うには、システム管理者ロールが必要です。詳細は、ユーザー を参照してください。

次の表では、[Proxy Server] (プロキシサーバー) の設定について説明します。

設定 説明
Host (ホスト) プロキシサーバーホスト。
Port プロキシサーバーポート。
Username (ユーザー名)

ユーザーデータを検索するための認証情報があるプロキシサーバー上のアカウントのユーザー名。

ユーザー名を、プロキシサーバーが提供する形式で指定します。

Password (パスワード) ユーザーデータを検索するための認証情報があるプロキシサーバー上のアカウントのパスワード。
Auth Method

Nessus がプロキシサーバーへの接続に使用する認証方法。

  • AUTO DETECTTenable Nessus は以前の設定で入力した内容に基づく認証で接続を保護します。どの方法を選択すべきかわからない場合には、このオプションを選択することを推奨します。

  • NONETenable Nessus は認証を行いません

  • BASICTenable Nessus は基本認証で接続を保護します。

  • DIGESTTenable Nessus はダイジェスト認証で接続を保護します。

  • NTLMTenable Nessus は NTLM 認証で接続を保護します。

    注意: Tenable Nessus は NTLMv2 のみに対応しています。

ユーザーエージェント プロキシで事前定義されているユーザーエージェントが必要な場合は、プロキシサーバーのユーザーエージェント名。