LDAP サーバー (Tenable Nessus Manager)

Tenable Nessus Manager[LDAP Server] (LDAP サーバー) ページに表示されるオプションを使用して、ディレクトリからユーザーをインポートするように Lightweight Directory Access Protocol (LDAP) サーバーを設定できます。

注意: Tenable Nessus 設定を行うには、システム管理者ロールが必要です。詳細は、ユーザー を参照してください。

次の表では、[LDAP Server] (LDAP サーバー) のフィールドについて説明します。

設定 説明
Host (ホスト) LDAP サーバーホスト。
Port LDAP サーバーポート。選択する値を LDAP サーバー管理者に確認してください。
Username (ユーザー名)

ユーザーデータを検索するための認証情報がある LDAP サーバー上のアカウントのユーザー名。

ユーザー名を、LDAP サーバーが提供する形式で指定します。

Password (パスワード) ユーザーデータを検索するための認証情報がある LDAP サーバー上のアカウントのパスワード。
Base DN ユーザーデータを検索するための開始点として使用される LDAP 検索ベース。
詳細設定を表示する LDAP の詳細設定を表示または非表示にするには、[Show advanced settings] (詳細設定を表示する) チェックボックスをクリックします。
詳細設定 (オプション)
ユーザー名属性

アカウントのユーザー名を含む LDAP サーバーの属性名。これは多くの場合、LDAP により使用される可能性があるサーバーで文字列 sAMAccountName で指定されます。

正しい値については、LDAP サーバーの管理者にお問い合わせください。

Email Attribute

アカウントのメールアドレスを含む LDAP サーバーの属性名。これは多くの場合、LDAP により使用される可能性があるサーバーで文字列 mail で指定されます。

正しい値については、LDAP サーバーの管理者にお問い合わせください。

名前属性

アカウントに関連付けられている名前を含む LDAP サーバーの属性名。これは多くの場合、LDAP により使用される可能性があるサーバーで文字列 CN で指定されます。

正しい値については、LDAP サーバーの管理者にお問い合わせください。

CA (PEM Format) LDAP サーバーの認証局 (CA) の証明書 (該当する場合)。証明書を PEM 形式で入力します。