Tenable Nessus プラグインとソフトウェアの更新

以降のトピックでは、設定とライセンスタイプに基づく、Tenable Nessus のプラグインとソフトウェアの更新の受信方法について説明します。Tenable Nessus プラグインとソフトウェアは、初期セットアップ時の設定に応じて更新方法が異なります。

Tenable Nessus の設定 プラグインのアップデート ソフトウェアの更新

Tenable Nessus スタンドアロンインストール

スタンドアロンの Tenable Nessus は、デフォルトで plugins.nessus.org からプラグインを毎日自動的に受信するよう設定されています。

[Settings] (設定) > [About] (製品情報) ページに移動し、[Last Updated] (最終更新日) セクションの横にある をクリックして、手動更新をトリガーすることもできます。同じセクションで、現在インストールされているプラグインセットを確認できます。

Tenable Nessus は、デフォルトで downloads.nessus.org から自動的にソフトウェア更新プログラムを受信します。次の条件が満たされていれば、更新プログラムが利用可能になると、Tenable Nessus ユーザーインターフェースの上部にバナーが表示されます。

  • 自動更新が設定されていない

  • 自動更新は設定されているが、Tenable Nessus がダウンロードしたバージョンは、ダウンロードを完了するためにサービスの再起動が必要

自動更新を設定する方法については、Tenable Nessus ソフトウェアを更新するを参照してください。

Tenable Nessus オフラインインストール

オフラインデバイスの場合、プラグインを手動でインストールする必要があります。詳細は、プラグインをオフラインで更新する を参照してください。 オフラインデバイスの場合、Tenable Nessus がインストールされているオペレーティングシステムに応じたアップグレード方法で、Tenable Nessus ソフトウェアを手動でアップグレードする必要があります。詳細は、オフラインシステムの Nessus Manager を手動で更新する を参照してください。

Tenable Security Center が管理する Tenable Nessus

Tenable NessusTenable Security Center からプラグインを受信します。Tenable Security Center は 15 分ごとに Tenable Nessus にチェックインし、Tenable Nessus のプラグインセットが Tenable Security Center のセットと一致するかどうかを確認します。一致しない場合は、Tenable Security Center が新しいプラグインセットを提供します。 Tenable Security Center が管理する Tenable Nessus スキャナーのソフトウェアは、自動的に更新されません。唯一の例外は、Tenable NessusTenable Core にインストールされ、自動更新が有効になっている場合です。

Tenable Vulnerability Management にリンクされた Tenable Nessus

Tenable Vulnerability Management にリンクされたデバイスは、cloud.tenable.com からプラグインを受信します。

Tenable Vulnerability Management にリンクされた Tenable Nessus は、cloud.tenable.com から自動的にソフトウェア更新プログラムを受信します。Tenable Nessus は、デフォルトで 24 時間に 1 回 Tenable Vulnerability Management にチェックインして、コアソフトウェアの更新の有無を確認します。

Tenable Nessus Manager が管理する Tenable Nessus Agents

Tenable Nessus AgentsTenable Nessus Manager からプラグインを受信します。デプロイ後、エージェントが Tenable Nessus Manager インスタンスからプラグインセット一式をダウンロードします。プラグインセット一式のダウンロード以降は、プラグインセットが 5 日以上古くならない限り、エージェントがマネージャーから差分プラグインセットをダウンロードします。

Tenable Nessus AgentsTenable Nessus Manager からソフトウェア更新プログラムを受信します。エージェントは、デプロイされた時間に応じて 24 時間ごとにチェックインし、コアソフトウェアの更新の有無を確認します。エージェントホストがオフになっているなど、通常の更新時間にエージェントがオフラインの場合は、オンラインに戻ったときにソフトウェアの更新をチェックします。以降は、これがエージェントの新しい更新時間となります。

Tenable Vulnerability Management が管理する Tenable Nessus Agents

Tenable Nessus AgentsTenable Vulnerability Management からプラグインを受信します。エージェントは、デプロイされると、スキャン時に差分プラグインセットをダウンロードします。スキャンに必要なプラグインのみがダウンロードされます。スキャンポリシーによりすべてのプラグインが必要な場合は、エージェントはプラグイン一式を更新します。

Tenable Nessus AgentsTenable Vulnerability Management からソフトウェア更新プログラムを受信します。エージェントは、デプロイされた時間に応じて 24 時間ごとにチェックインし、コアソフトウェアの更新の有無を確認します。エージェントホストがオフになっているなど、通常の更新時間にエージェントがオフラインの場合は、オンラインに戻ったときにソフトウェアの更新をチェックします。以降は、これがエージェントの新しい更新時間となります。