前提条件

Tenable OT Security は、Tenable Core オペレーティングシステム上で実行されるアプリケーションです。そのため、Tenable Core の基本要件に準じていなければなりません。

Tenable Core + Tenable OT Security は、ハードウェアにデプロイすることも、仮想マシンアプライアンスとしてデプロイすることもできます。仮想マシンのデプロイメントの場合は、ハードウェア要件 に記載されている最小要件を満たす必要があります。

ハードウェア要件

複数のサイズの Tenable Core + Tenable OT Security 専用ハードウェアアプライアンスが利用可能です (別途購入)。ハードウェアの仕様については、Tenable OT Security 物理ハードウェアシートを参照してください。

Tenable Core オペレーティングシステムと Tenable OT Security アプリケーションは、提供されているすべてのハードウェアアプライアンスにプリインストールされています。

同じ要件を満たすカスタムハードウェアに Tenable Core + Tenable OT Security をインストールすることもできます。手順については、Tenable サポートまたは Customer Success Manager にお問い合わせください。

Tenable Core + Tenable OT Security の要件に関する詳細については、以下を参照してください。

仮想アプライアンス要件

Tenable Core + Tenable OT Security は次の方法でデプロイできます。

  • .ova ファイルの使用 - このファイルはすぐにデプロイできる状態になっており、標準およびサポートされているすべての仮想マシン設定が含まれています。

  • .iso ファイルの使用 - これは汎用インストールディスクイメージです。要件を満たし適切に設定された仮想マシンにデプロイしてください。

ライセンス要件

OT Security のライセンスについての一般的な情報は、OT Security ライセンスコンポーネントを参照してください。

ライセンス付与のワークフローについては、OT Security ライセンスのアクティベーションを参照してください。