Tenable OT Security 3.13 Enterprise Manager リリースノート (2022 年 5 月 19 日)

Tenable OT Security (OT Security) のアップデートファイルは、Tenable のダウンロードページからダウンロードできます。

注意: v. 3.13 より、Tenable Core のみがサポート対象となり、Atomic OS はサポート対象外となります。お使いの OS が不明な場合や、Tenable Core へのアップグレードの方法については、Tenable サポートまでお問い合わせください。

新機能

Enterprise Management ダッシュボード

OT Security は、ユーザーが設定可能な数多くのウィジェットを提供する、全く新しいダッシュボードを導入しました。これらのウィジェットは、接続されているすべてのサイトの資産、リスク、脆弱性に関する集約情報を表示し、エンタープライズ全体のビューを提供します。

以下は、新しいダッシュボードが扱う指標の例です。

  • リスク — 資産リスクスコアと脆弱性管理指標を詳しく確認することによる、ネットワークのサイバー露出に関するインサイト

  • 資産インベントリ — 資産のさまざまな概要および内訳

  • イベントとポリシー — さまざまなネットワークの脅威を検出するための手段

Enterprise Management セットアップウィザード

エンタープライズ管理設定を簡単かつ迅速に行うための GUI ベースのセットアップウィザードです。

Tenable Vulnerability Management および Tenable Security Center との新しいエンタープライズ管理統合

Enterprise Management は、Tenable Vulnerability Management および Tenable Security Center との統合をサポートするようになりました。Tenable Vulnerability Management および Tenable Security Center につながる複数のサイトの複数の ICP を一元的に統合するポイントとして使用できます。

統合された Tenable 製品の互換性

以下の表に、OT Security 3.13 Enterprise Manager でテスト済みの Tenable 製品のバージョンを示します。

製品 テスト済みのバージョン
Tenable Security Center 5.11 以降
Nessus 8.10.1 以降