[Plugin Detail Locale] (プラグイン詳細ロケール) の設定

管理者ユーザーとして、Tenable Nessus[Plugin Detail Locale] (プラグイン詳細ロケール) タブを使用して、プラグインメタデータが表示される言語 (ロケール) を選択します。このタブでは、次のユーザーインターフェースとレポートフィールドに表示されるプラグインメタデータの言語を設定します。

  • 概要

  • 説明

  • スクリプト名

  • 解決策

ヒント: デフォルトのプラグイン詳細ロケールは英語です。プラグインの詳細を英語以外の言語で表示したい場合にのみ、プラグイン詳細ロケールを設定する必要があります。

注意: この機能は、管理スキャナーと Tenable Nessus Manager では利用できません。

以下の手順で、プラグイン詳細ロケールを設定します。

  1. Tenable Nessus の上部のナビゲーションバーで、[Settings] (設定) をクリックします。

    [About] (製品情報) ページが表示されます。

  2. [Plugin Detail Locale] (プラグイン詳細ロケール) タブを選択します。

  3. [Enable Plugin Locales] (プラグインロケールを有効にする) チェックボックスを選択します。

  4. [Locales] (ロケール) ラベルの横にある、ダウンロードする言語を選択します。言語を選択すると、Tenable Nessus はその言語を [Default Plugin Detail Locale] (デフォルトのプラグイン詳細ロケール) リストに追加します。

    日本語、中国語 (簡体字)、中国語 (繁体字) を自由に組み合わせて選択できます。英語はデフォルトで利用可能です。

  5. [Default Plugin Detail Locale] (デフォルトのプラグイン詳細ロケール) を選択します。デフォルトのロケールにより、プラグイン詳細の表示言語が決まります。言語は、前の手順で選択した任意の言語から選択できます。

  6. [Save] (保存) をクリックします。Tenable Nessus は、選択した言語パックをダウンロードしていることを通知します。

    ダウンロードが完了すると、Tenable Nessus はデフォルトのロケール選択を適用し、Tenable Nessus のユーザーインターフェースとレポートのプラグインメタデータが選択した言語で表示されます。