SMTP サーバー

[SMTP Server] (SMTP サーバー) ページでは、Simple Mail Transfer Protocol (SMTP) サーバーを設定できます。SMTP サーバーを設定すると、Nessus はスキャン設定で指定した受信者のリストに HTML スキャン結果を電子メールで送信できます。

注意: Tenable Nessus 設定を行うには、システム管理者ロールが必要です。詳細は、ユーザー を参照してください。

次の表では、[SMTP Server] (SMTP サーバー) の設定について説明します。

設定 説明
Host (ホスト) SMTP サーバーホスト。
Port SMTP サーバーポート。
From (sender email) スキャン結果の電子メールで送信者として表示される電子メールアドレス。
Encryption

メール暗号化タイプ

  • 暗号化なしTenable Nessus は、メールを暗号化しません。

  • SSL を強制Tenable Nessus メールで SSL 暗号化を強制します。

  • TLS を強制Tenable Nessus メールで TLS 暗号化を強制します。

  • 利用可能な場合は TLS を使用 — 受信サーバーに互換性がある場合、Tenable Nessus は TLS 暗号化を使用します。

ホスト名 (メールリンク用) メールの送信者ホストおよびポートを示すホスト名。
Auth Method

Nessus が SMTP サーバーへの接続に使用する認証方法。

  • NONETenable Nessus は接続の認証を行いません。

  • PLAINTenable Nessus は、プレーン (ユーザー名 / パスワード) 認証で接続を保護します。

  • LOGINTenable Nessus は、ログイン認証で接続を保護します。

  • NTLMTenable Nessus は NTLM 認証で接続を保護します。

  • CRAM-MD5Tenable Nessus は、CRAM-MD5 認証で接続を保護します。