SNMPv3

ユーザーは、[Credentials] (認証情報) メニューで SNMPv3 設定を選択し、暗号化ネットワーク管理プロトコルを使用してスキャンシステムの認証情報を入力します。

これらの認証情報を使用して、ネットワークデバイスなどのリモートシステムから、パッチ監査やコンプライアンスチェック用のローカル情報を取得します。

ターゲットシステムでチェックを実行するアカウントの SNMPv3 ユーザー名、SNMPv3 ポート、セキュリティレベル、認証アルゴリズムとパスワード、プライバシーアルゴリズムとパスワードを入力するためのフィールドがあります。

Nessus がコミュニティストリングまたはパスワードを判別できない場合、そのサービスの監査を正常に実行できない場合があります。

注意: [Basic Network Scan] (基本ネットワークスキャン) テンプレートでは SNMPv3 設定を変更できません。
オプション 説明 Default (デフォルト)

Username (ユーザー名)

(必須) ターゲットのシステムでチェックを実行するために Tenable Nessus が使用する、SNMPv3 のアカウントのユーザー名

-

Port

Tenable Nessus からの通信に対して SNMPv3 がリッスンする TCP ポート

161

Security level

SNMP のセキュリティレベル:

  • 認証もプライバシーもなし
  • プライバシーのない認証
  • 認証とプライバシー
認証とプライバシー

Authentication algorithm

削除サービスがサポートするアルゴリズム: SHA1SHA224SHA-256SHA-384SHA-512、または MD5

SHA1

Authentication password

(必須) ユーザー名に関連付けられたパスワード

-

Privacy algorithm

SNMP トラフィックに使用する暗号アルゴリズム: AESAES-192AES-192CAES-256AES-256C、または DES

AES-192

Privacy password

(必須) 暗号化された SNMP 通信を保護するために使用されるパスワード

-