エージェントの CPU リソースコントロール

process_priority 設定を使用することで、システム上で実行中の他のタスクの優先度と比較して、Tenable Nessus Agent の相対的な優先度を制御できます。このように設定が相対的なことから、Tenable Nessus Agent が消費するシステムリソースの量は、process_priority 設定の値だけでなく、システムの全体的な負荷によっても異なります。このため、エージェントが優先度の高いプロセスよりもリソースを消費しているかのように、システムモニターに映る場合があります。リソースコントロールのコマンドについては、Tenable Nessus Agent CLI コマンド を参照してください。

注意: process_priority の値を設定してから、Linux、Mac OS の適切な値、または Windows 優先度クラスに変更が反映されるまでに、少し時間がかかることがあります。

process_priority 設定の効果を確認するには、次の表を参照してください。

設定値

Windows - 優先度クラス Mac OS - 適切な値 Linux - 適切な価値
通常 (デフォルト) 通常 0 0
通常より下 10 10
通常より上 -10 -5

注意: process_priority 設定値を「低」に設定すると、スキャンの実行が長くなる可能性があります。この値を考慮して、スキャンウィンドウの時間枠を増やす必要があるかもしれません。

エージェント CPU リソースコントロールの詳細設定

nessuscli ユーティリティを使用して、コマンドラインインターフェースで次のエージェント設定が可能です。

コマンド # nessuscli fix --set setting=value を使用します。詳細は、Tenable Nessus Agent CLI コマンドを参照してください。

詳細および CLI で変更可能な設定の全一覧については、詳細設定を参照してください。

ヒント: 多数のエージェント (1 万以上) がある場合は、agent_merge_audit_trailagent_merge_kbagent_merge_journal_modeagent_merge_synchronous_setting の設定を変更することもできますこれらの設定を変更すると、エージェントのスキャン結果のマージにかかる時間が大幅に短縮されます推奨される設定については、次の表の説明を参照してください。

名前

設定

説明

デフォルト値 有効な値
Plugin Compilation Performance (プラグインのコンパイルパフォーマンス) plugin_load_performance_mode

CPU 使用率に影響を与える、プラグインのコンパイルパフォーマンスを設定します。パフォーマンスを low にするとプラグインのコンパイル速度が低下しますが、エージェントの CPU 消費量は減少します。パフォーマンスを medium または high にすると、プラグインのコンパイル完了までの時間が短縮されますが、エージェントの CPU 消費量は増加します。各設定値のターゲット範囲は次のとおりです。

  • low: プラグインのコンパイル中に nessusd が使用する 1 つのコアの 50% 未満。
  • medium: プラグインのコンパイル中に nessusd が使用する 2 つのコアの 100%。
  • high: 以前のバージョンから変更なし。8 を超えるコアを使用しません。

high

lowmedium、または high

Scan Performance (スキャンパフォーマンス) scan_performance_mode

CPU 使用率に影響を与える、スキャンのパフォーマンスを設定します。パフォーマンスを low にするとスキャン速度が低下しますが、エージェントの CPU 消費量は減少します。パフォーマンスを medium または high にすると、スキャン完了までの時間が短縮されますが、エージェントの CPU 消費量は増加します。各設定値のターゲット範囲は次のとおりです。

  • low: スキャン中に nessusd が使用するシングルコアの 50% 未満。
  • medium: スキャン中に nessusd が使用する 2 つのコアの 100%。
  • high: 以前のバージョンから変更なし。8 を超えるコアを使用しません。

high lowmedium、または high