Tenable Identity Exposure の主な機能ガイドへようこそ

Tenable Identity Exposure (旧称 Tenable AD) へようこそ。このドキュメントは、オンプレミスでデプロイされているか、SAAS を通じてデプロイされているかにかかわらず、この製品の特徴と機能の包括的な概要を提供することで、ユーザーエクスペリエンスを向上させることを目的としています。このリソースは、ガイダンスを求めている新規ユーザーであるか、理解をさらに深めたい経験豊富なユーザーであるかにかかわらず、すべてのユーザーを支援します。

このドキュメントには、製品使用の最適化、攻撃インジケーターと露出インジケーターの管理など、さまざまなトピックを扱うさまざまなセクションがあります。このドキュメントは貴重なインサイトを提供していますが、Tenable Identity Exposure の使用に関する厳格なルールブックとなるものではありません。代わりに、プラットフォームのシームレスで効果的な使用を実現するための推奨事項を提供しています。

このガイドについて

このガイドは、Tenable Identity Exposure ユーザーおよび管理ガイドに基づいています。包括的な詳細情報を得たい場合は、こちらのガイドを参照することをお勧めします。

Tenable Identity Exposure の機能をハイライトするためにこのガイドに示されている例は、すべてを網羅したリストではなく、それぞれの固有の環境に直接対応するとは限りません。最適なセキュリティ対策を講じるために、公式ドキュメントを参照するかプロフェッショナルサービスを利用して、さらに詳細やガイダンスを得ることをお勧めします。

主要なステークホルダー

Tenable Identity Exposure の個々のステークホルダーは、所属している組織の規模、構造、セキュリティポリシー、対象となるユースケースによって異なります。各ステークホルダーに役割と責任を細かく設定することで、製品を効率的に導入して使用することができます。

Tenable Identity Exposure を使用する際、関係するさまざまなステークホルダーを把握しておくことは重要です。これらの個人およびグループは、アイデンティティベースのセキュリティリスクを特定、緩和、報告する上で、さまざまな役割を果たします。全体的な内訳は次のとおりです。

  • セキュリティチーム: Tenable ソリューションを監督し管理します。データ分析を活用して脆弱性とリスクを速やかに特定して対応します。

  • IT 運用チーム: 他のセキュリティツールやユーザーディレクトリとのシームレスな接続を確保しながら、Tenable ソリューションのインフラと統合サポートを推進します。

  • アプリケーション開発チーム: アプリケーションのセキュリティを確保し、Tenable によってフラグが立てられた漏洩したアイデンティティに速やかに対処します。

  • ID およびアクセス管理 (IAM) チーム: ユーザーアカウント、アクセス許可、アクセス制御を管理します。IT セキュリティ担当者と緊密に連携して、Tenable Identity Exposure によって特定された問題に対処します。

  • ビジネスユニットリーダー: チームやアプリケーションのセキュリティ態勢に関する最終的な責任を負います。レポートを確認し、リスク緩和戦略に優先順位を付け、リソースを割り当てて Active Directory のセキュリティ対策を強化します。