攻撃経路

Tenable Identity Exposure は、グラフィック表示を通してビジネス資産の潜在的な脆弱性を視覚化する方法を複数提供しています。

  • 攻撃経路: 攻撃者がエントリポイントから資産を侵害する可能性のある経路を示します。

  • 影響範囲: 任意の資産から Active Directory に入る可能性のあるラテラルムーブメントを示します。

  • 露出資産: 資産をコントロールする可能性のあるすべての経路を示します。

攻撃経路を理解することで、攻撃者による脆弱性の悪用を阻止するために必要な軽減手順を特定できます。これには、システムへのパッチ適用、設定の堅牢化、より強力なアクセス制御の実装、ユーザーの意識向上が含まれます。

Tenable Identify Exposure の攻撃経路を使用する利点

  • プロアクティブなセキュリティ: 潜在的な攻撃手法を予測し、悪用される前に対応するのに役立ちます。

  • 優先順位付け: 最も重大な脆弱性と攻撃経路にセキュリティの取り組みを集中させることができます。

  • 視覚化: AD 内の複雑なセキュリティ関係を明確かつ分かりやすく表示します。

  • 伝達: 潜在的な攻撃シナリオの証拠を視覚的に示すことで、セキュリティリスクのステークホルダーへの伝達を円滑化します。

関連項目