レポートセンター

Tenable Identity Exposureレポートセンターには、重要なデータを組織内の主要ステークホルダー向けのレポートとしてエクスポートできる便利な機能があります。レポートセンターでは、事前定義されたリストからレポートを作成することができ、プロセスが効率的で簡潔になります。

次のような機能があります。

  • カスタムレポート機能: 事前に構築されたレポートの包括的なライブラリから選択するか、特定のセキュリティ上の懸念に合わせたカスタムレポートを作成します。

  • 詳細なフィルタリング: 日付範囲、ドメイン、攻撃インジケーター (IoA)、露出インジケーター (IoE) などに基づく詳細なフィルターを使用してレポートを絞り込めるので、的を絞ったインサイトが得られます。

  • 自動配信: レポートの自動生成をスケジュールし、希望の間隔で配信することで、セキュリティの監視とレポートのプロセスを効率化します。

  • 柔軟なエクスポート: レポートを CSV などのさまざまな形式でエクスポートして、詳細な分析を行ったり、レポートアクセスキーを使用して共有したり、既存のレポートワークフローと統合したりできます。

管理者は、最長 1 四半期の柔軟なレポート期間で、異なるユーザー向けにさまざまなタイプのレポートを作成できます。Tenable Identity Exposure から重要なアイデンティティデータを共有できるため、企業は積極的にリスクを軽減し、アイデンティティベースの攻撃の可能性を特定できるようになります。

ユーザーがレポートをダウンロードするには、管理者から受け取ったメールに記載された URL のリンク先ページにレポートのアクセスキーを入力します。レポートは 30 日間ダウンロードでき、その後期限切れとなり、Tenable Identity Exposure により削除されます。Tenable Identity Exposure が指定された期間分の新しいレポートを生成し、過去のレポートを上書きする前に、ユーザーはレポートをダウンロードする必要があります。

関連項目