Tenable Identity Exposure 公開 API

Tenable Identity Exposure の API を使用すると、そのデータベースサービスと通信できます。

Tenable Identity Exposure の API の構造とリソースが含まれている OpenAPI ファイルは、https://doc.tenable.ad/reference/ から入手できます。

Tenable Identity Exposure インスタンスの API にアクセスするには

  • /api パス: https://customer.tenable.ad/api を使用します。

OpenAPI ファイルをダウンロードするには

  • オンプレミスインストールの場合は、セキュリティエンジンノードの次のパスをたどります。

  • SaaS インストールの場合は、Tenable.ad OpenAPI 仕様をクリックします。

API キーを取得するには

  1. Tenable Identity Exposure で、ユーザープロファイルアイコンをクリックし、[環境設定] を選択します。

    環境設定ペインが開きます。

  2. メニューから、[API キー] を選択します。

    Tenable Identity Exposure が現在の API キーを表示します。

  3. API キーをクリップボードにコピーするには、 アイコンをクリックします。

API キーを更新するには

[API キーの更新] をクリックするか、API キーまたはアクセストークンを生成する権利を失うと、アクセストークンが期限切れになります。有効期限は、時間や API リクエストの数とは関係ありません。API キーの生成または更新は現在のユーザーに固有のものであり、他のアカウントの API キーには影響しません。API キーを取得すると、リフレッシュトークンも受け取ります。このリフレッシュトークンを使用して、新しい API トークンを取得できます。

注意: API キーを更新すると、Tenable Identity Exposure は現在の API キーを無効にします。リフレッシュトークンも受け取ります。
  1. [API キーの更新] をクリックします。

    確認を求めるメッセージが表示されます。

  2. [確認] をクリックします。