セキュリティプロファイル

必要なユーザーロール: 適切なアクセス許可を持つ管理者または組織のユーザー

プロファイルを使用すると、Active Directory に影響を与えるリスクを表示する独自のビューを作成してカスタマイズできます。

各プロファイルには、そのプロファイルを持つユーザーのために設定された露出と攻撃のシナリオが表示されます。たとえば、データ分析に対する IT 管理者の一般的な見方は、AD インフラが直面するすべてのリスクの包括的な見解を示すセキュリティチームの見方とは異なる可能性があります。

セキュリティプロファイルを適用すると、異なる種類のユーザーが、そのセキュリティプロファイルのインジケーターで定義されたとおり、データ分析を異なる見方で検証できるようになります。

[セキュリティプロファイル管理] ペインでは、さまざまなレポート角度からセキュリティ分析をレビューできるように、さまざまなユーザータイプを維持管理できるようになっています。セキュリティプロファイルでも、露出インジケーターと攻撃インジケーターの動作をカスタマイズできます。

次の手順

プロファイル作成を完了するための詳細は、インジケーターのカスタマイズを参照してください。

詳細については、次を参照してください。