イベントの解決

許可された技術者がイベントを評価し、問題を解決するために必要な手順を実行するか、対応が不要であると判断した場合は、そのイベントは解決済みとしてマークされます。クラスターの一部である 1 つのイベントが解決されると、そのクラスター内のすべてのイベントが解決済みとしてマークされます。複数のイベントを選択し、一括処理で解決済みとしてマークすることもできます。また、すべてのイベント (または特定のカテゴリのすべてのイベント) を一度に解決済みとしてマークすることもできます。

個々のイベントの解決

特定のイベントを解決済みとしてマークする手順

  1. 関連する[イベント] ページ (設定イベント、SCADA イベント、ネットワーク脅威、ネットワークイベント) で、解決済みとしてマークする 1 つ以上のイベントの横にあるチェックボックスを選択します。

  2. ヘッダーバーで、[アクション] をクリックします。

    ドロップダウンメニューが表示されます。

    注意: 複数のイベントを解決済みとしてマークする場合、選択されたイベントをすべて解決済みにするには、[すべて解決] ボタンではなく、[解決] ボタンをクリックする必要があります。[すべて解決] ボタンは、選択されていないものも含めて、すべてのイベントを解決するために使用されます。
  3. [解決] を選択します。

    [イベントの解決] ウィンドウが表示されます。

  4. (オプション) [コメント] ボックスに、問題を解決するための緩和策を説明するコメントを追加できます。

  5. [解決] をクリックします。

    選択したイベントのステータスが解決済みとしてマークされます。

すべてのイベントの解決

[すべて解決] アクションは、現在の表示に適用されているフィルターに基づいて、現在のページのすべてのイベントに適用されます。たとえば、[設定イベント] ページが開いている場合に [すべて解決] を選択すると、設定イベントは解決しますが、SCADA イベントなどは解決しません。クラスター化されたイベントの場合、クラスター内のすべてのイベントが解決済みとしてマークされます。

すべてのイベントを解決済みとしてマークする手順

  1. 関連する [イベント] ページ (設定イベント、SCADA イベント、ネットワーク脅威、ネットワークイベント) で、ヘッダーバーで [すべて解決] をクリックします。

    [すべてのイベントの解決] ウィンドウが表示され、解決するイベントの数が表示されます。

  2. (オプション) [コメント] ボックスで、解決されるイベントのグループに関するコメントを追加できます。

  3. [解決] をクリックします。

    OT Security に警告メッセージが表示されます。

  4. [解決] をクリックします。

    OT Security は、現在表示されているすべてのイベントを解決済みとしてマークします。