ソリューションアーキテクチャ

OT Security プラットフォームコンポーネント

OT Security ソリューションは次のコンポーネントで構成されています。

  • OT Security — このコンポーネントは、ネットワークから直接 (スパンポートやネットワークタップを介して)、または Tenable OT Security センサー (OT Security センサー) からのデータフィードを使用して (あるいはその両方)、ネットワークトラフィックを収集して分析します。OT Security アプライアンスは、ネットワーク検出機能とアクティブクエリ機能の両方を実行します。

  • OT Security センサー — 対象のネットワークセグメントに (管理対象スイッチごとに最大 1 つ) デプロイできる小さなデバイスです。センサーは、小型ラックマウントまたは DIN レールマウントの 2 つのフォームファクターで利用可能です。OT Security センサーは、すべてのトラフィックをキャプチャして分析し、情報を OT Security アプライアンスに伝達することで、これらのネットワークセグメントを完全に可視化します。バージョン 3.14 以降のセンサーでは、それらのセンサーがデプロイされているネットワークセグメントにアクティブクエリを送信するよう設定できます。

ネットワークコンポーネント

OT Security は、以下のネットワークコンポーネントとのやり取りをサポートしています。

  • OT Security ユーザー (管理) — ユーザーアカウントを作成して、OT Security 管理コンソールへのアクセスを制御できます。管理コンソールには、ブラウザ (Google Chrome) からセキュアソケットレイヤー認証 (HTTPS) でアクセスできます。

注意: OT Security ユーザーインターフェースには、最新バージョンの Chrome からのみアクセスできます。