OT Security ハードウェアコンポーネント

OT Security アプライアンス

要素 説明
電源インジケーター OT Security アプライアンスがオン (緑) またはオフになったことを示します。
コンソールポート* サービスまたはローカルアクセス用。
USB ポート オフラインモードでのアプライアンスのイメージ再作成またはアップグレード用。
イーサネットポート

4 つの GbE ポートが、次のように管理ネットワークと運用ネットワークに接続するために使用されます。

ポート 1 - デフォルトでは、このポートは管理 (ユーザーインターフェース) とアクティブクエリポート (ネットワーク資産との通信) の両方に使用されます。このポート設定は、クエリのみを含むように設定中または設定ページで後から変更することができます。これは、管理インターフェースをコントローラーのネットワークから分離するために行われます。

ポート 2 - ミラーポート - ミラーリングセッション (SPAN) の宛先として使用されます。このポートは、ネットワークトラフィックのコピーを受信します。このポートには IP アドレスがありません。

ポート 3 - ポート分離オプションが有効な場合、このポートは管理 (ユーザーインターフェース) のみに使用され、コントローラーのネットワークの一部ではないネットワークに接続できます。

ポート 4 - 予約済みポートであり、リモートまたはローカルサポートのために OT Security の Professional Services によって使用されます。

*8N1 設定で 115200 bps のボーレート。

リアパネル

コンポーネント 説明
冷却ファン 2 個の冷却ファン。通風口がふさがれていないことを確認してください。
電源スイッチ ON/OFF スイッチ (電源を切るには、数秒押し続けます)。
電源ポート AC 電源コネクタ (AC 100 ~ 240 V)。

パッケージ内容

コンポーネント 説明
2 本のイーサネットケーブル 2 本の標準 RJ45 イーサネットケーブル。これらのケーブルを使用して、OT Security アプライアンスをネットワークスイッチに接続します。
電源ポート AC 電源コネクタ (AC 100 ~ 240 V)。
マウントブラケット 1U ラックマウントブラケット 2 個。

OT Security センサー

ラックマウントセンサー

注意: ラックマウントセンサーは製造が中止されています。代わりに、Tenable は現在、設定可能なセンサーモデルをラックマウントに取り付けられるアダプターキットを提供しています。

フロントパネル

コンポーネント 説明
コンソールポート* サービスまたはローカルアクセス用。
USB ポート オフラインモードでのアプライアンスのイメージ再作成またはアップグレード用。
イーサネットポート

4 つの 1 GbE ポートが、次のように管理ネットワークと運用ネットワークに接続するために使用されます。

ポート 1 - 管理ポート - デバイスの管理に使用されます。

ポート 2 - ミラーポート - ミラーリングセッション (SPAN) の宛先として使用されます。このポートは、ネットワークトラフィックのコピーを受信します。このポートには IP アドレスがありません。

ポート 3 - 使用されていません。

ポート 4 - 使用されていません。

*8N1 設定で 115200 bps のボーレート。

リアパネル

電源ボタン スタンバイモードは赤色、電源オンモードは緑色です。
リセットボタン 電源を切らずにシステムを再起動します。
電源スイッチ ON/OFF スイッチ (電源を切るには、数秒押し続けます)。
電源ポート AC 電源コネクタ (AC 100 ~ 240 V)。

パッケージ内容

コンポーネント 説明
イーサネットケーブル 1 本の標準 RJ45 イーサネットケーブル。このケーブルを使用して、センサーをネットワークスイッチに接続します。
電源ケーブル 1 本のその地域の標準 AC 電源ケーブル。
電源 60W AC 電源アダプタ (AC 100 ~ 240 V)。
マウントブラケット 1U L 字型ラックマウントブラケット 2 個。
ネジパック  

設定可能なセンサー

注意: このモデルは、DIN レールまたはマウントラック (アダプターキットを使用) に取り付けられます。以前は、このモデルは DIN レールセンサーと呼ばれていました。

フロントパネル

コンポーネント 説明
電源インジケーター センサーがオン (緑) またはオフになったことを示します。
コンソールポート* サービスまたはローカルアクセス用。
USB ポート オフラインモードでのアプライアンスのイメージ再作成またはアップグレード用。
イーサネットポート

5 つの GbE ポートが、次のように管理ネットワークと運用ネットワークに接続するために使用されます。

ポート 1 - 管理ポート - デバイスの管理に使用されます。

ポート 2 - 使用されていません。

ポート 3 - ミラーポート-ミラーリングセッション (SPAN) の宛先として使用されます。このポートは、ネットワークトラフィックのコピーを受信します。このポートには IP アドレスがありません。

ポート 4 - 使用されていません。ポート 5 - 使用されていません。

*8N1 設定で 115200 bps のボーレート。

パッケージ内容

コンポーネント 説明
電源ケーブル 1 本のその地域の標準 AC 電源ケーブル。
電源 60W AC 電源アダプタ (AC 100 ~ 240 V)。
イーサネットケーブル 1 本の標準 RJ45 イーサネットケーブル。このケーブルを使用して、センサーをネットワークスイッチに接続します。
マウントイヤー 1U L 字型ラックマウントブラケット 2 個 (「イヤー」)。
ネジパック  

アクティブクエリのポートを設定する

Tenable Core のアクティブクエリ用のセンサーポートを設定できます。

センサーポートを変更するには、次のようにします。

  1. Tenable Core の左側のナビゲーションバーで、[OT Security センサー] を選択します。

    OT Security センサーが表示されます。

  2. [アクティブセンサーインターフェース] ボックスで、必要に応じて 1 つ以上のポートを選択します。デフォルトでは、ポート 1 が選択されています。

    注意: アクティブクエリに対して複数のインターフェースを使用できるので、Ctrl キーを押しながらクリックして複数のポートを選択できます。たとえば、センサーが複数のスイッチまたは同じエリアにあるルーティング不可能なネットワークに接続されている場合です。